Event: The 135th London Eza incorporating Hoonko-Otorikoshi

Oct
22

Regular meetings known as London Eza are planned to take place every two months.
Every October London Eza is held as the most important ceremony of the year in Shin Buddhism, Hoonko-Otorikoshi, to express our deepest gratitude to what has been done by Shinran Shonin, the founder of Shin Buddhism.

This meeting will be joined by two Dharma friends from Japan.

※Evening Service is not held on the day.

ロンドン会座
二ヶ月に一度行われる法話会です。
Three Wheels 主管の佐藤顕明師を主とし、時にゲストスピーカーを招いて法話を拝聴し、活発な質疑応答などを通して自分自身を見つめる好機となります。
また毎年十月のロンドン会座は、浄土真宗御開祖・親鸞聖人の恩徳を謝するために開かれる法要(報恩講)を、御本山の御法要よりも取り越して行われる「御取越」が開かれます。
法話会の後は、参詣者同士が気軽に話せる楽しい茶話会が設けられます。お気軽にご参詣下さい。

今年のお取越には、日本からお二人のお同行をお迎え致します。

※この日の昏時勤行は行われません。